ブログネタ
学生時代の通学時間はどれくらい? に参加中!
上京した最初の年は右も左もわからず、
要乗り換え、45分の区外に学生マンションを借りていた。
西武新宿線のラッシュアワー(一年次は必修の関係でとかく1限が多かった)に
もみくちゃにされた嫌な思い出がある。とくに身動きの取れない状況で
目の前にいたOLにチカン扱いされて肘鉄くらったのは特にダメージの深い経験だった。。。

 それもあってか、二年次以降、そして大学代わって修士のときも卒後の住居選びの時も
可能な限り学住近郊・職住近郊を心がけてきたように思う。

子どもができて都心から退くまでの生活は、
いま思えば家賃が高いこと以外の何の不満もなかったな。 

通勤のストレス、結局のところこれが目に見える意味では
最大のトリガーとなって動けなくなってしまったので、
居住地選択に伴う不可避の要素とはいえ、
今後の生活の中でも折に触れて懸案すべき要素になるだろう。

思えば、前々職で働いていた際も
息子が生まれて以降、深酒することが増えた気がする。
本来なら、飛んで帰って寝顔の一つも撫でたいところ、
電車で長距離(それまでと比べて)帰ることになる環境変化に
無意識に反応していたのかもしれない。

また別の機会にも触れたいところだが、
本格的に調子を崩す前の一か月ほどの一人酒の頻度は自分でも驚くほどに異常だった。
(その時には誰かと話したい意欲が完全に消え失せていたので、一人で飲むしかない。。。)


人気ブログランキングへ